☆人気記事☆
★人気記事★
★人気記事★
★人気記事★
☆人気記事☆
☆注目記事☆

子供の頃から喉鼻が弱くて何回か手術している。手術後数日~1ヶ月は体は動かせるけど声は出せない状態。→医者が…


今までにあった修羅場
09 /23 2023
279:名無しさん@おーぷん:20/07/18(土)00:34:19 ID:lM.fr.L1
すごくくだらない修羅場。
子供の頃から喉鼻が弱くて、何回か手術している。
今までにあった修羅場を語れ【その28】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1587729907/




その時にもよるけど、手術後数日~1ヶ月は体は動かせるけど声は出せない状態。
そして入院中、手術の傷があるからお風呂にも入れず、しばらくは蒸しタオルをもらって体を拭く程度。
この状況で想像つくと思うんだけど、
裸で体を拭いてる時に、医者が
「〇〇さ~ん」と言う声掛けと同時にベッド周りのカーテンをジャッ!と開ける。
声が出せないから「ちょっと待って!」とも「今着替え中」とも「キャー!」とも言えず、ただ体を隠すだけしかできない。
「あ、ごめん、また後で来るね」と言って去っていくんだけど、まずは勝手に開けずにこっちが開けるのを待って、とお願いして、ちゃをまもってくれるひともいたけど、繰り返しちゃう人もいた。忘れちゃうんだろうね。
あと、背が高い医者だとカーテンの上に通気のためかあみあみ部分があってその隙間から既に見られてる場合もあった。(これは相当昔)
もう50代の経産婦のだるだるおばさんだからそこまでの羞恥心はないんだけど、いままでは声を出すことで意思疎通履かれてたのがその時は一切出来なくて、いかに声に頼ってたかわかった、というか軽いショックがあった。

コメント