子持ちの先輩「自分の子がもしいじめに関わってしまったら、被害者より加害者である方がマシ」「いじめられるくらいならいじめている方が安心できる」当時未婚小梨だった私はモヤモヤしてた。→その後…

因果応報
05 /15 2021
320: 名無しさん@おーぷん 15/09/20(日)07:48:09 ID:CKC
いじめ加害者はもちろん、いじめ肯定・加害者擁護派も
発想がおかしいせいか変な事になる気がする。

7~8年近く前、職場で当時あったいじめ自サツの話題になり何人かの子持ちの先輩が
「自分の子がもしいじめに関わってしまったら、被害者より加害者である方がマシ」
「いじめられるくらいならいじめている方が安心できる」
と言っていてどん引きした。
当時は未婚小梨だったから母親としては我が子を亡くすよりは
例え悪者としても生きていてほしいという事かしらと無理に好意的に考えてみたけど
親としてそこはいじめ自体否定するべきではないのかい!?とモヤモヤしていた。

その後いじめ肯定していた内の一人、Aさんの息子は友達数人と空き地でボール遊びしていて
近所の家のガラス窓を割ってしまうが、その場にいた友達は全員Aさん息子一人に罪を擦り付けてしまった。
友達親たちも全員で結託して悪いのはAさん息子だけでうちは関係ないの一点張り。
それから息子さんは不登校になり、Aさんも同居ウトメや旦那に色々言われて
抗欝剤や睡眠薬飲むようになりやがて辞めていった。
同じく肯定していたBさんも息子を地元一番の進学校に入れたものの
その学校で自殺事件があり(いじめではなく家庭の悩みかららしいが)
まことしやかに本当はBさん息子が原因との噂が流れて孤立、
成績がた落ち・進学どころか進級も危うく、独り言や奇行も増えてさらに遠巻きにされたとか。
(当時既にBさんは退職済でこの話はBさん息子と同じ学校で違うクラスの息子がいる他の先輩から聞いた)
Cさんの保育園児の娘さんもチック症?で髪の毛やまつ毛をむしりとったり
爪噛み皮むしりがあって本人も強迫観念みたいな事になり退職。
同時期の話ではないから因果関係はないだろうけど、ものの見事に
あの時加害者のがマシと言っていた人ばかりだ。

奥様が語る因果応報
https://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1397970026/



コメント

いじめ肯定派と言うより虐められてた人なんじゃないの?
それで被害者側の辛さを知ってるからせめてやる方になってほしかったと
しかし因果からは逃れられなかった

でもまあ、親のタイプでだいたいガキタイプもきまるよな
親がブサイク、チビ、元気がないタイプだと子供もいじめられるだろうし
親がイケメンで、ガタイよくて、スポーツマンタイプなら子供もだいたいリア充になりそう

いじめにかかわってしまったら、って前提なのになんで否定肯定になるんだか

俺は友達と微妙な雰囲気になると空中に「矢印」を感じたね。
矢印はふら付いていて「指されるとヤバイ」感じがしたので、自分の方に向きそうになると念力(笑)で他の人に捻じ曲げてた。あれが苛めの標的を決めていた「空気」なのかもしれない

スカッとジャパン
現実ではなんの関係もない

ぶっちゃけ被害側になると一生引きずって人生がめちゃくちゃになる、生きてて楽しめない、自分も経験してるからそういう意味で二択を迫られたら加害側って言い方は理解できる
世間話の経緯でなぜそんな回答の流れになったのかわからないけど、イジメた側はのうのうと気楽に生きてるの多いからね

最初の話の流れが分からんから、いじめを肯定してるんだか否定してるけど現実的にいじめはあるし巻き込まれるなら加害者側の方がマシといっていたのか分からんが(余程頭おかしくない限り後者だと思うが)、実際に当事者としては「加害者側であった方がマシ」って状態になって、言い分は正しかったって事じゃないの?